闇金無料相談|取り立て・嫌がらせ被害はこちらで相談

闇金無料相談|ヤミ金被害はこちらで相談

闇金の悩みはこちらで解決!無料相談

闇金被害の無料相談です!

 

ヤミ金からの取り立てや嫌がらせの被害で困っている。

 

ヤミ金に返済するお金がもうない。

 

どこに相談すればいいのか、わからない。

 

誰か助けてほしい。

 

このような人は、このサイトを読んでください。

 

私もかつて、闇金から借金をしてしまいました。
そして、返済が滞って、取り立てや嫌がらせをうけて困りました。
もう、どうしていいか、わからず、不安で不安で、「誰か助けてほしい」と思いました。

 

そんなとき、目にしたのが「司法書士の闇金無料相談」です。

 

とにかく、わらをも掴むかんじで電話をかけました。そして、アドバイスをうけました。
話を聞いていると、なんだか目の前が明るくなり、借金問題を解決できるような気がしてきました。

 

司法書士に闇金との交渉を依頼。

 

そして、闇金の借金をなくしてもらいました。
勿論、嫌がらせもなくなりました。

 

現在は貯金が約70万円あります。もう、闇金はこりごりです。

 

かつての私のように、闇金の借金で悩んでいる人はこちらで相談してください。
また、お金がなくて闇金に返済できない人も相談してください。

 

必要であれば、解決を依頼し、ヤミ金と交渉して借金をなくしてもらいましょう!

 

 

闇金の無料相談

東日本にお住まいの方 ⇒ ジャパンネット法務事務所 0120-758-685

 

西日本にお住まいの方 ⇒ エストリーガルオフィス 0120-735-072

 

※全国どこからでも大丈夫です
※次の返済日がくる前に相談しましょう

 

 

闇金の借金地獄から抜け出したい

ヤミ金の借金が払えない。
闇金の借金地獄から抜け出したい。

 

という方も多いことでしょう。
ヤミ金は利息が高いので、借りてしまうとなかなか完済できません。継続的にジャンプをし、気がついたら借金地獄に陥っている。
ヤミ金から借りているということは、消費者金融やクレジットカードからも借りていることでしょう。そちらも返済が苦しいはず。
私もそのような状況でした。

 

私がとった行動は?

 

  • ヤミ金の借金……司法書士にヤミ金との交渉を依頼し、借金をなくしてもらった
  • 消費者金融やクレジットカードの借金……司法書士に任意整理の手続きを依頼し、和解

 

現在、ヤミ金の借金はなし。消費者金融やクレジットカードの借金は残っていますが、任意整理をしたので、無利息・長期という条件で毎月、少しずつ返済しています。

 

「なんだ、まだ借金が残っているのか」

 

そう思った方もいることでしょう。
たしかに、借金は残っています。約100万円です。
しかし、貯金もあります。約70万円です。

 

なので、今は借金地獄というほどではありません。

 

あなたも、私と同じようにすれば、借金地獄から抜け出せる可能性が高いといえます。
「同じように」とは、闇金の借金を司法書士になくしてもらい、消費者金融やクレジットカードの借金を債務整理する、ということです。
手続きが大変、と思うかもしれませんが、借金地獄でもがいているほうがよっぽど大変です。
思い切って、動いてみてください!

 

 

闇金とは貸金業として登録を行っていない業者

闇金とは財務局や都道府県に貸金業として登録を行っていない貸金業者のことを言います。
貸金業を行う場合は、本来国や都道府県に登録する必要がありますが、闇金は、こうした登録を行わず、出資法の制限を越える金利を課したり、犯罪に該当するような厳しい取り立てを行っています。
闇金が行う出資法の制限を越える金利とは、主にトイチと呼ばれる10日で1割の利子を課すことが一般的と言われています。
闇金の顧客は、ダイレクトメールや携帯電話などを用いて勧誘したり、スポーツ新聞等に広告を掲載したり、電柱や公衆電話などに広告を貼りつけるなどして集めます。
こうして集まった顧客は、最初非常に低い金利の融資条件を提示しますが、実際お金を貸すときになるとトイチのような非常に高金利を課す場合が多くみられます。
闇金の名称は、都市銀行や1部上場企業、クレジットカード会社などに似せたものが多く、一般消費者から闇金であることが分からないものが多くあります。このため、一般消費者が大丈夫であろうと安易に利用したら、闇金であったという事例もあります。

 

 

法定上限金利以上の利息

トイチとは「10日で1割の利子」のことを意味し、年利で365%の金利を言います。
ここでは、具体的な金額を基にトイチがどういうものであるか少しお話ししたいと思います。
例えば、10,000円を複利法におけるトイチで借りるとします。10日後、一割の利子が発生するため。11,000円となります。
20日後、返済しないままでいると、元金(10,000円)と利子(1,000円)を合わせた額を元金としてその1割が利子となるため、12,100円となります。
30日後は、返済しないままでいると12,100円を元金としてその一割が利子となるため13,310円となります。
これを繰り返していくと半年後に約5万円、1年後には約30万円、2年後には約1,000万円、3年後には約3億円になります。
つまり、最初は少額でも指数関数的に利息が増えてくるため、数年後にはあり得ない金額になるということです。
このトイチを行っているような高額高利貸し業者に対しては、法定上限金利以上の利息を支払う義務はなく、貸付自体が不法原因給付になるため、元本すら返済する義務は無いという裁判所の判例があります。
トイチのヤミ金業者は今現在も多くいますので、トイチは日数がたてばたつほど利息が増えることを理解した上で、絶対に借りないようにしましょう。

 

 

闇金悩みは警察に相談することも可能

闇金の被害に悩んでいるという人は、警察に相談をすることも可能なのですが、警察へ連絡をしたところで、「あなたが借入を行ったのでしょう」と言われてしまうケースも珍しくはなく、迅速に対応をしてもらうという事が難しい事が多いのです。
警察は信頼できるものだと思っている人にとってはショックが大きいのではないでしょうか。
しかし、そういった中でもただ交番へ出向くのではなく、警察の生活安全課という窓口へ被害を訴えに行くという事を行いましょう。
まずは電話をしてみるだけでもいいでしょう。
もしかしたら闇金トラブルにより、身の危険を感じる事があるかもしれませんので、闇金被害を訴えてもいいですし、不審者がいるという内容でもいいでしょう。
周辺のパトロールの強化を依頼するのです。
しかし、闇金業者は、数の多さもあり、調査が難しく、すぐに対応をしてもらえないという事も多いので、事前に闇金業者とのやりとりの記録をとっておいたり、これまでの流れを説明することが出来るような証拠となるものを提出できる準備をしておくことが大切でしょう。
迅速に解決へと向かう為には、実際に今起きている状況をしっかりとまとめておくことが大切となるのです。
それでも解決しないようなら、司法書士に相談をした方が、素早く安全に解決することが出来るのではないでしょうか。

 

闇金は警察に逮捕されないのか?

闇金の貸付は違法です。
当然、逮捕されてもおかしくないでしょう。
しかし、逮捕されるのはごく一部。
ほとんどの何事も無く、経営を続けています。ここ何年もホームページを公開し、営業しているソフト闇金もあります。
時々、携帯電話の番号が変わるくらい。
連絡がつかなくなり、「とうとうパクられたか」と思っていると、違う番号でまた営業をはじめる。そんなもんです。
やはり、逮捕するとなると、時間をかけて内定調査をする必要があります。
捜査員の数もかぎられているので、どうしてもごく一部の闇金だけになってしまいます。

 

闇金を捕まえてほしいと思って警察にいっても、無駄です。
闇金だとわかっても、とくになにもしません。

 

 

家族に内緒で闇金問題を解決できるのか?

妻に内緒で闇金の借金問題を解決したい。
夫に内緒で闇金の借金問題を解決したい。

 

闇金で借りたことを内緒にしているため、内緒で解決したいという方も多いことでしょう。
バレてしまうと面倒ですよね。

 

司法書士に交渉を依頼しても、内緒で解決できるかどうかは、闇金しだい、状況しだいです。
闇金案件に特化した司法書士は、闇金との交渉方法を熟知しています。家族に内緒で解決するケースは多いでしょう。
しかし、100%うまくいく、とはかぎりません。
交渉が難航した場合、闇金が家族の連絡先を知っていれば、電話をかける可能性もあります。

 

心配だという方は相談だけでもしてみましょう。
闇金案件に特化した司法書士は、いろいろな闇金の情報を持っています。
あなたが借りた闇金の情報を持っている可能性が高いでしょう。情報を持っていれば、闇金の出方がだいたいわかります。
家族に内緒で解決できるかどうかも、わかるでしょう。

 

 

夫が闇金から借りてしまった

ご主人が闇金からお金を借りてしまった、という方もいることでしょう。
おそらく、ご主人は融資のとき、闇金に勤め先の情報を提示しているはずです。
もし、闇金への返済が滞れば、闇金はご主人の勤め先に電話をかける可能性が高いでしょう。
最近の闇金は、取り立てに行かず、勤め先に電話をかけることが多いです。この電話で借り手にプレッシャーをかけるわけです。
勤め先に電話をかけられると、ご主人の立場が悪くなってしまいます。
闇金から電話がかかってきたため、退社をうながされた、というケースも最近は多いようです。

 

では、どうすればよいのでしょうか?
闇金に返済できるようであれば、すぐにでも返済しましょう。
もし、返済できないようであれば、ご主人に無料相談があることを教えてあげてください。
そして、仕事が終わった後にでも、ご主人が電話をかけて相談しましょう。
必要であれば、司法書士に闇金との交渉を依頼します。闇金の借金をなくしてもらいましょう。
できるだけ早いほうがいいのと思います。

 

 

銀行口座を売ってくれといわれたら

闇金への利息が払えなくなると、闇金が怪しい話を持ちかけてくるときがあります。
その一つが、口座の売却です。

 

利息の代わりに、銀行口座を作ってくれ。
お金に困っているのなら、銀行口座を買い取ってやる。
借金の増額はできないが、銀行口座なら買い取ってやる。

 

金銭的に苦しいと、つい話に乗ってしまいますよね。
口座はタダで作れるので、お金になるのならおいしい。
もうヤケクソ。口座がお金になるのなら、いくらでも作る。
そう思うかもしれません。

 

しかし、絶対に口座を売ってはいけません。
なぜなら、逮捕される可能性があるからです。

 

闇金に売った口座がどのようなことに使われるかは、闇金と取引をしていればだいたいわかるでしょう。
闇金に売った口座は、違法な貸付や、その回収に使われます。犯罪に使われるわけです。
持っている口座を売った場合は、犯罪収益移転防止法違反
売買目的で口座を作り、売った場合は詐欺罪
口座を売るということは、危険な行為なのです。

 

すでに口座を渡してしまった場合はどうすればよいのか?
まだ闇金に返済しているのであれば、当サイトで紹介している無料相談に電話をかけて相談しましょう。
すでに返済しているのであれば、警察か銀行に相談しましょう。ただ、「口座を売った」というと、まずいかもしれません。

 

 

闇金の借金で夜逃げするくらいなら司法書士に相談

闇金は、素人がひとりで悩んでいてもいつまでたっても解決するのは難しいでしょう。
恐ろしい取り立てに、精神的にも参ってしまうのではないでしょうか。
自分が借金をしてしまったが為に、家族や友人、会社にまで迷惑をかけてしまう事もあるのです。
そういった際には、迅速に対応して貰う事が出来る法律事務所へ依頼をすることをお勧めします。
一昔前までは、夜逃げをするという人も少なくはありませんでしたが、結局はずっと追われているという感覚から逃れる事ができずに苦しんでしまう事になりかねないのです。それならば、闇金を交渉してもらい、心機一転新たなスタートを切るという事をお勧めしたいところなのです。
アヴァンス法律事務所では、費用は1件につき5万円(消費税別)となっており、分割払いや嬉しい後払いも可能となっています。
今すぐに支払いが出来ずに諦めているという人でも着手してもらえます。
無料相談は24時間受け付けており、電話やメールからでも対応をしてもらう事が出来るのです。まずはどんなものなのか、相談だけでもしてみるといいでしょう。
大手事務所なので、経験豊富で解決している実績も多数ありますので安心ですし、アフターフォローも充実しておりますので、悩みが解決するのなら、5万円という費用は安いのではないでしょうか。

 

 

自己破産すれば闇金の借金もなくなるのか?

このサイトを読んでいる方の中には自己破産を検討されている方もいることでしょう。
私も闇金の借金に困っているとき、自己破産を検討しました(結局、任意整理で解決)。

 

自己破産すれば闇金の借金もなくなるのでしょうか?

 

答えは、なくなりません。
自己破産で免責が下りると、消費者金融やカードの債務は、法的に返済義務がなくなります。借金がなくなったといえるでしょう。
しかし、闇金の借金は、もともと違法な融資。法的もなにも関係ないのです。闇金が、「借金が残っている」と思えば、自己破産で免責が下りた後も取り立てや催促を続けるでしょう。

 

また、司法書士や弁護士に自己破産の手続きを依頼する場合、闇金の借金があると断られる可能性が高いです。受任してもらえないということです。

 

闇金からの借金があると債務整理を受任できない。
闇金の借金を片付けてから依頼してほしい。

 

このように言われるはず。
闇金の借金があり、自己破産を検討されている方は、まず、闇金案件に特化した司法書士に依頼して、闇金の借金をなくしましょう。その後、債務整理に強い司法書士か弁護士に自己破産手続きを依頼します。

 

 

自己破産しても闇金から借りられるのか?

借りられます。
というか、自己破産すると闇金業者からダイレクトメールが届きます。お貸しします、と。
自己破産の申し立てをすると、官報に氏名や住所が記載されます。ふつうの人は官報など見ないのですが、ヤミ金業者は官報を見ます。そして、破産者をチェックして融資の営業をかけるのです。

 

自己破産をすると、ブラックリストに載ってしまします。個人の信用情報に事故歴が記載されてしまいます。
そのため、まともな貸金業者では融資の審査に通りません。

 

しかし、闇金業者では融資の審査に通る可能性があります。
闇金業者はブラックリストに載っている人でも貸します。そういった人たちを断っていたら、誰にも貸すことができません。むしろ、ブラックリストに載っているような人こそ、お客なのです。
自己破産後でも、職に就いていればヤミ金から借りられるでしょう。

 

勿論、ヤミ金から借りるべきではありません。
ブラックリストに載っていると消費者金融は貸してくれないし、クレジットカードも作れません。新規の借り入れができないわけです。
だからといって、ヤミ金から借りてしまえば、また借金地獄に戻ってしまいます。
ヤミ金以外から借りられれば、そちらから借りましょう。

 

 

闇金の悩み相談エリア
[北海道][青森県][岩手県][宮城県][秋田県][山形県][福島県][新潟県][富山県][石川県][福井県][山梨県][長野県][東京都][神奈川][千葉県][埼玉県][茨城県][栃木県][群馬県][愛知県][静岡県][岐阜県][三重県][大阪府][兵庫県][奈良県][京都府][滋賀県][和歌山][鳥取県][島根県][岡山県][広島県][山口県][徳島県][香川県][愛媛県][高知県][福岡県][佐賀県][長崎県][熊本県][大分県][宮崎県][鹿児島県][沖縄県]

 

ホーム RSS購読 サイトマップ